ブログ

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 犬の心理
  4. あなたの愛犬は電車に乗れる?

あなたの愛犬は電車に乗れる?

今回も心理士でドッグカウンセラーのしらたゆうこがパーソナリティを務めるラジオ番組“宝製菓presents radio café『犬とあなたと珈琲と。』”に寄せられたお便りのご相談にお答えします。

電車デビューしました!

ご質問内容:聞いてください!うちのペキニーズのしろちゃん(3歳)と初めて電車に乗って横浜まで遊びに行ってきました。この日のためにキャリーバックで静かに過ごせるように練習を重ね、とってもいい子でいてくれました。みなさんはワンコと電車移動はされますか?うり店長はどうですか?これから色々なところに行けると思うとすごく嬉しいです。しろちゃんママより

“電車デビュー”おめでとうございます!
車で移動できない場合はとても助かりますよね。江の島付近の駅でもピョンと嬉しそうにバッグに入るワンコの姿をよく見かけます。

うり店長はどうですか?というご質問ですが、うり店長は残念ながら大きすぎて乗車することができないんです。

乗車時の基本ルール

各鉄道会社では一定の乗車規定があります。
電車デビューしたいけれど「条件がわからない…」という方のために、湘南を走る鉄道会社のルールを確認してみましょう。

まず、どこの鉄道会社も共通ルールがあります。
まずは『体の一部が出ていないこと』です。全身がすっぽり入るケースに収める必要があります。そしてケースは『自立するしっかりしたもの』という条件がありますので、どんなにすっぽり収めることができても、肩からかけるスリングはNGとなります。

各鉄道会社のルール

JR東日本

サイズ:タテ+ヨコ+高さ=120cm以内
重さ:ケースも含めて10㎏以内
運賃:有料。乗車時に改札口などで手回り品きっぷ(290円/2022年8月現在)を購入。

江ノ島電鉄

サイズ:タテ+ヨコ+高さ=120cm以内
重さ:ケースも含めて10㎏以内
運賃:無料

小田急電鉄

サイズ:タテ+ヨコ+高さ=120cm以内で一辺の長さが70㎝以内
重さ:ケースも含めて10㎏以内
運賃:無料

湘南モノレール

サイズ:タテ+ヨコ+高さ=120cm以内
重さ:ケースも含めて10㎏以内
運賃:有料。乗車時に改札口などで手回り品きっぷ(280円/2022年8月現在)を購入。

本来カートやバギーはNG

これらのルールから考えると体重が10㌔オーバーの中型犬や大型犬は電車の利用は難しいのですね。そして小型犬も基本的にはカートやバギーでの乗車はサイズオーバーとなってしまいます。

ただ、カートごと乗車することはできなくても、犬の座席部分がキャリーケースになり車体部分と分離できるタイプのものであれば、カート部分は折りたたみ一般手回り品として持ち込むことが可能です。一般手回り品はタテ+ヨコ+高さ=250センチ以内、重さ30㌔以内で無料というのが各社共通のようです。

困った時は相談してみよう

細かなルールを知ると、結構厳しい条件ですよね。

それから、ペットの負担にもなるので混雑時に乗車する方はあまりいないと思いますが、混雑状況によっては、持ち込みを断られる場合もあるそうです。

でも、逆にサイズを多少オーバーしていたり、バギーやカートであっても形状がしっかりしていれば乗車させてもらえることもあるようです。私のお友達もカートで利用しています。

普段はマイカーやペット可タクシーなどを利用している方も、色々な事情から公共交通機関を利用する必要に迫られることもあると思います。そのような時は諦めずに駅の改札や鉄道会社に相談してみるといいですよね。

そして何よりも大事なのは周囲に迷惑をかけず、犬にもストレスを与えないこと。吠えや排泄をコントロールできるよう一緒に練習してからチャレンジしましょう。

しろちゃんママさん、バッグインの練習大成功でしたね。これからも快適なドッグライフを楽しんでください。お出掛け先の情報も送ってくださいね。楽しみにまっています。

この記事はラジオ番組:radio café『犬とあなたと珈琲と。』(毎週金曜16:00~16:29/FM83.1Mhzレディオ湘南)の2022年6月24日放送分の内容を一部修正したものです。

本記事は「こちら」から視聴可能。後半部分にお便りのコーナーがあります。
レディオ湘南は世界中どこからでもワンクリックで視聴可能です。
番組サイトにもぜひ遊びにきてください→『犬とあなたと珈琲と。』

◎『With a Dog』は犬の認知行動療法と飼い主のコーチングという“心理学を軸”としたドッグトレーニングを行う立場から、ヒトと犬の心と行動の関係についてお伝えしています。

文:白田祐子(しらたゆうこ)

Instagram:@doggy_uri
      @ル・ブラン湘南

白田祐子(しらたゆうこ)

プロフィール:日本心理学会認定心理士。ヒトと犬の心と行動カウンセリングラボ「ル・ブラン湘南」代表/ドッグカウンセラー。
1990年代から犬の行動や心理を独学し、保護施設などでしつけのボランティア活動を開始。現在のパートナーは2005年生まれの雑種の女の子で名前は“うり”。
大学で心理学を専門的に学び、人と犬の関係や犬の心の成長の研究を行い独自のメソッドを確立する。2013年にパーソナルドッグカウンセリングを開始。人と犬のパーソナリティを重視したコーチングは特に多くの女性に支持されている。

里親制度の普及や地域行政と連携した“犬のしつけ”相談業務など、教育、行政、法律と多方面で人と犬の問題に向き合っている。
愛玩動物飼養管理士、ホリスティックケア・カウンセラー、ペット災害危機管理士、小動物防災アドバイザー、猫防災アドバイザー他、ペット関連資格多数。2014年より神奈川県動物愛護推進員、湘南ビジョン大学講師。2019年よりFM83.1Mhzレディオ湘南にレギュラー出演中、2022年4月(毎週金曜16:00~16:30)から新番組『radio cafe犬とあなたと珈琲と。』がスタート。

関連記事

カテゴリー

  • うりパイセンの独り言
  • 湘南しっぽラジオ
  • 犬の心理
  • ラジオカフェ
  • 犬と暮らす
  • 日々のあれこれ