ブログ

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 日々のあれこれ
  4. 電車好き犬Vo.2~幸せのカタチ

電車好き犬Vo.2~幸せのカタチ

こだわりポイント

今日も、うりお気に入りの「江ノ電ビューポイント」にいる。

視線の向こうは、延元二(1337)年から連綿と続くお寺の境内。本堂の背後には神奈川県唯一の本式木造五重塔がそびえる。いや、「そびえる」より「うもれる」が正しいか。

五重塔に向かう途中は台湾リスにギーギーと威嚇されるし、夜にはハクビシンがササッと横切り(彼らはそのあと、必ず立ち止まってこちらを振り向く)、響く美声は中国原産のガビチョウ。貴重な建物なのに、あまり大切にはされていないらしい。そこは外来種の森。

大銀杏の向こう側、こんもりと茂る小山の隙間から仏舎利塔が夕陽色に光る。きっと空には伝説の龍と龍が恋した弁天様がいるのだろう。

いつもの犬、いつもの人

(↑ここは江ノ電が近すぎるカフェテリア)

もはやここでは「いつもの犬」「いつもいる人」と、思われているかもしれない。

うりは完全に伏せ姿勢のスフィンクス状態なので「どうしたの?疲れたの?」と、声をかけて行き過ぎる人も多い。

本当は違うけど。声をかけてくれた人と目が合ったときは、笑顔でうなずく。いつでも正しい答えを必要としないことは経験的に知っている。

なかには「何を見ているの?」と、立ち止まって聞いてくる人もいる。こういう人たちはきっと、周囲には目もくれず遠くに視線を馳せる、うりの表情に引き寄せられるのだと思う。うりはいつも「瞳が印象的」と言われるから。

時間のネジを巻き戻す

立ち止まって、うりに興味を示してくれた人には「江ノ電待ちで」と、ちゃんと答えるようにしている。

そうすると、たいてい「あらー面白い」って笑顔になって、「昔、飼っていた犬も好きだったのよ」「息子が小さい時に大好きで、いくつもオモチャを買ってあげたわ」「亡くなった主人は運転手をやっていたのよ」と、会話が広がる。

みんな、懐かしそうな、慈しむような、深く豊かな表情で、うりの姿のその向こう側の、その人にしか見えない何かを見つめる。

巻き戻された時と「いま、このとき」が、重なる。小さな幸せを一つ差し出したような、貰ったような、うりと江ノ電が繋ぐ時間。昼間と夜の境目の曖昧な時間が、周囲の気配をふっと消す。

恋は片道切符でも

警報音が鳴る。「電車接近」と電飾文字が赤く光る。ここに踏切はない。人が止まり、車が止まる。急いてはいけない。
江ノ電がゆっくりと横切る。

「本当に見てる」と、グレイヘアの素敵な女性が笑う。そして、立ち上がりそうもないうりを見て「もしかして往復見るの?」と問う。そう、1分後には反対側からもやってくる。うりはそれを知っているので、片方行っても「次が来るから」と、決してその場を離れない。

One wayなんて No Way!

確かに人生の分岐点、もし、右に行くか左に行くか迫られたとき、とりあえず、どちらかに進もう。そして、間違って進んだなら、今の場所に戻ってくればいい。片道切符で突き進む強さをみんなが持っているわけじゃない。

復路の切符をポケットに入れよう。わかれ道を怖がらず進むためにも。

文とうりの写真・白田祐子

関連記事

カテゴリー

  • うりパイセンの独り言
  • 湘南しっぽラジオ
  • 犬の心理
  • ラジオカフェ
  • 犬と暮らす
  • 日々のあれこれ