ブログ

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 日々のあれこれ
  4. 犬の名前をどうつける?

犬の名前をどうつける?

犬の名前あれこれVo.2~記憶力とうちの子の名前

インプット・アウトプットの妙

人の名前を覚えるのが苦手です。

何回かお会いしているのに名前が出てこない。うーん。
ひょんなタイミングで「あ~、〇〇さんだ!」と思い出す、あの現象もないってことは、そもそも、記憶の引き出しに上手に収まっていないのかもしれません。

心理士として自分に助言するなら「語り掛けるときは名前も添えること。とても大切よ」。そうです。だから、なんとかしなければ…と常々思ってはいるのですが…。引き出しの整理がうまく進みません。

癖が強い!

ところが、犬の名前となると「みんな似ていて区別がつかない」と言われている近所の柴犬軍団やラブラドール軍団、カタカナの長いながい名前も、引き出しぐちゃぐちゃの、このわたしにあって、ワンコたちの姿かたちと共にスルスルと脳みそに、引き出しの隙間に収まっていくのだから不思議なものです。

そして、見かけたらその子の名前を呼ぶ。君の名は…!
記憶の再生で完全なる定着。

人間の記憶というのはとにかく「癖が強い」ようです。

うちの子の名前

わたしのこれまでの相棒は「ちゃま」と「デビ」。
ちゃまは哲学するお坊ちゃま風だったので「ちゃま」。デビは黒くて可愛い小悪魔風だったので「デビ」。

今の子は「うり」。

うりは名前を聞かれて答えると「ぐりちゃん」と復唱されることがあって、なかには「ぶりちゃん」と呼ぶ人もいます。まぁ、それはそれで、結構面白いんだけど、名前って、その場ですぐに訂正しないと、その後「訂正するのにちょうど良いタイミング」というのは存在しないので、注意が必要です。

で、名前を聞かれた時には「瓜二つのうりです」と答えるようにしたら、聞き間違いはなくなりました。でも「あら、誰に似ているの?」と、深く興味を示してくださる方もおられ、「そうくるか!」と感心する次第なのでした。

うり坊に性別は関係ないんだけど

「瓜二つ」以外には、「うり坊のうり」バージョンもあって、これはこれで名前を「うり坊」と覚えられたり、さらに勘違いが重なって「うり坊君」と男の子になってしまったり。さらにさらに「女の子なのに、うり坊なの?じゃあ、うり坊ちゃんね」など、勘違いはより混乱をよぶのでした。うーむ。

必要なのは、わたしの「滑らかな活舌」なのかもしれません。呼吸も気を付けたいと思います。

正しく名前が伝わって「うり」と復唱する時には、みんな笑顔になっています。
なぜか?
それは、うりの名前には人々を笑顔にする『幸せマジック』が隠されているからなのです。

つづく

文:白田祐子

関連記事

カテゴリー

  • うりパイセンの独り言
  • 湘南しっぽラジオ
  • 犬の心理
  • ラジオカフェ
  • 犬と暮らす
  • 日々のあれこれ