ブログ

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 犬と暮らす
  4. INUBITO Diary カピバラ

INUBITO Diary カピバラ

2019年の夏から年末まで、湘南エリアではカピバラの姿が度々目撃されていました。愛称は「かっぴー」。メディアで話題になると飼い主が現れたものの保護には至らず、翌年1月に大磯町の民家で捕獲され、その後は平塚市の総合公園が引き取り飼育していました。来春には同ふれあい動物園のお風呂付施設で暮らす様子が公開されます。

「かっぴー」のペット時代の名前は「チョコ」だそうですが、名前は新たに付けるそうです。でも、保護から2年、飼育員さんたちはそれまで彼をなんと呼んでいたのでしょう。時間をかけて心を通わせた呼び方でいいような気がします。

カピバラと言えば山口大の大学院がカピバラを3週間毎日15分、湯田温泉の湯に入浴させたところ、肌の水分量が3倍増でメラニン量は約1割減少するなど“美肌効果”を確認したと発表しました。カピバラの故郷は高温多湿な南米の湿地帯。日本の寒く乾いた冬は肌荒れをするというのですから、せめて温泉で心と肌を潤してほしいと思います。チワワは南米原産の犬ですが、やはり入浴好きの傾向にあるのでしょうか。知りたいです。

文:白田祐子(しらたゆうこ)

Instagram:@doggy_uri
      @ル・ブラン湘南

白田祐子(しらたゆうこ)
プロフィール:公益社団法人日本心理学会認定心理士。ヒトと犬の心と行動カウンセリングラボ、ル・ブラン湘南代表。

1990年代から犬の行動や心理を独学し、保護施設などでしつけのボランティア活動を開始。現在のパートナーは2005年生まれの雑種の女の子で名前は“うり”。

大学で心理学を専門的に学び、人と犬の関係や犬の心の成長の研究を行い独自のメソッドを確立する。2013年にパーソナルドッグカウンセリングを開始。人と犬のパーソナリティを重視したコーチングは特に多くの女性に支持されている。

里親制度の普及や地域行政と連携した犬のしつけ相談業務など、教育、行政、法律と多方面で人と犬の問題に向き合っている。愛玩動物飼養管理士、ホリスティックケア・カウンセラー、ペット災害危機管理士、小動物防災アドバイザー、猫防災アドバイザー他、ペット関連資格多数。2014年より神奈川県動物愛護推進員、湘南ビジョン大学講師、2019年よりFM83.1Mhzレディオ湘南にレギュラー出演中。

関連記事

カテゴリー

  • うりパイセンの独り言
  • 湘南しっぽラジオ
  • 犬の心理
  • ラジオカフェ
  • 犬と暮らす
  • 講演・イベントレポート
  • 日々のあれこれ